国の借金買います

投資するなら話題のブラジル国債が良いでしょう。アナタのニーズに合わせて選べるので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。後悔しませんよ。

個人投資家として、金融取引をしている人にとっては聞きなれた事かもしれませんが、今まで何も金融取引などに参加した事が無い人にとっては国債と言われても、直ぐに何の事か理解する事は出来ないでしょう。
国債とは金融取引の一つの手段であり、簡単に説明をするのなら、国が行う借金の事を言います。

国債と言いますが、正式な名称を言うと国庫債券と呼ばれる物です。債権は聞いた事があるのではないでしょうか?会社でもこの債券の発行や売買が行われています。
債券とは、会社、株式会社が発行する有価証券の事を言います。債券を持っているということは、債券の発行を行った株式会社に対して債権を保有することになります。発行を行った株式会社としては債券の発行は債務を持つことになります。
他の金融取引と違う点を説明するならば、株式の場合には配当を配る事で投資家に利益を支払いますが、債券の場合には発行元へ個人がお金を借りた時に発生する利息が同じ様に発生します。この利息を支払うことで債権者は利益を得るのです。
普通、個人で債務、借金をした場合には債権者はその借金を他人へ売る事は出来ませんが、有価証券でもある債券では他人へ債券を売る事が出来ます。
株式会社などが発行する債券の事を社債と呼び、国が発行する債券の事を国債と呼び、分かれています。

国債が有価証券として金融取引が行われている事が理解出来たでしょうか?
しかし、これだけではどのような取引を行っているのか判断するのが難しいです。そこで、このサイトでは、債券の取引について詳しく解説をしていきたいと思います。

archive